人事に役立つ
WorkPod 採用コラム

Yahoo!しごと検索に対応!WORKSHIFT連携の無料キャンペーンを実施中

本格的な採用サイトが簡単に作れるWorkPod(ワークポッド)。この度、WorkPodが求人ポータルサイトWORKSHIFT(ワークシフト)との連携を完全無料にするキャンペーンを開始しました。WORKSHIFTに連携した求人はYahoo!しごと検索に対応しているため、採用活動が加速することが想定されます。

WorkPodに掲載した求人情報がYahoo!しごと検索に掲載

WORKSHIFTはYahoo!しごと検索に対応している

2020年6月現在、WorkPodは求人ポータルサイト「WORKSHIFT」に無料連携しています。WorkPodで作成し掲載している求人情報がWORKSHIFTでも掲載となります。WORKSHIFTはYahoo!しごと検索に対応しているため、WorkPodに掲載した求人情報がYahoo!しごと検索に掲載される、ということになります。

※Yahoo!しごと検索での掲載画面

WORKSHIFTとは?

WORKSHIFTは、様々な業種の求人・案件情報が集まる求職活動応援プラットフォームです。特徴としては、

  • 多様な求人が「エリア・駅」や「こだわり」で検索できる
  • 社員の募集もスポット案件(業務委託)への募集もできる
  • フリーランスの求職支援を行っている(フリーランスが集まる)

このように現代の働き方に即し、多様な求人を簡易に探すことが出来るサイトとなっています。

Yahoo!しごと検索とは?

ヤフー株式会社が運営している検索エンジンYahoo!のノウハウを活かした、求人情報検索エンジンがYahoo!しごと検索です。求人サイトや転職サイト、採用サイト、などに掲載されている求人情報を収集し、Yahoo!しごと検索内に集めています。その数ある求人情報を検索エンジンのようにキーワードやタグで検索できるようになっています。

尚、Yahoo!しごと検索は、Zホールディングス株式会社と株式会社ビズリーチが運営する求人検索エンジン「スタンバイ」から求人情報を連携させているので、WORKSHIFTからスタンバイに求人情報が連携し、スタンバイからYahoo!しごと検索に掲載される仕組みになっています。

※スタンバイでの掲載画面

採用を加速するための有料オプションも用意

WorkPodには「情報拡散サポート(3パック)」というオプション機能がついています。このオプション機能を利用することで、indeedなどの大手求人検索エンジン媒体に自社の求人を有料広告として掲載することができます。

これら求人検索エンジン媒体には、有料広告と無料広告という枠があります。この有料広告と数あるWeb集客手法でもよく利用される「リスティング広告」はどちらもクリック課金を採用しているため、リスティング広告をイメージすると分かり易いと思います。

有料広告での掲載とは要するに、求職者にクリックしてもらうために露出を増やすということです。したがって、今以上に採用に力を入れたい場合は、有料広告を試してみるのもよいかもしれません。尚、面倒な手続きや設定、運用はWorkPodスタッフが行うため、気軽に始められるサービスとなっています。

まとめ

採用を加速させるには、採用情報を露出させることが当たり前に大事になっています。WorkPodで作成した求人情報を、WORKSHIFTへ無料連携し、Yahoo!しごと検索での掲載を通じて、より多くの求職者に求人情報を届けましょう。

採用のことなら、採用サイトが簡単に作れるWorkPodをお試しください。

本格的な採用サイトが簡単に作れるWorkPod(ワークポッド)なら、最寄り駅やスキルなどで検索できる「検索機能付きの採用サイト」が、お申込みと同時に手に入ります。さらにいまなら初期費用無料キャンペーン中です。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます